商品先物や仮想通貨の取引の流れをつかむ|テルミー国債の仕組みー

お金

国債の把握内容

国債を購入する方法

グラフ

国債は国の借金を示し、国は投資家からお金を借りてインフラ整備など国の運営に必要な事業に使用します。そして一定期間が過ぎると利息を付けて投資家に返却しなければならない商品でなのです。 日本の場合、国債を購入するには銀行や証券会社で定期的に募集している時に購入の申し込みをします。国債を購入すると年に2回程度利息が支払われ、償還期間になると元本が国から返却される仕組みになっています。日本の場合には元本保証で最も安全な金融商品となっており、年金や保険、銀行の預貯金等が国債で運用されています。 外国の債券を購入する事も可能で、日本では金利の高いオーストラリア等が人気です。しかし為替の変動等により元本割れのリスクがありますので、まずは銀行等の専門家に相談する事が大切だと思います。

金利の変動に注意

国債の利息については、各国の経済事情や信用力などによって大きく変わってきます。国債が多量に買われると金利は下がり、売られると金利は上がっていきます。日本の場合には日本銀行が多量に購入しているので金利はかなり低く設定されています。 しかし、金利は経済ニュースや要人発言等で急変する事があります。先物という金利の今後の動きを予想して取引する物もあり、このような多くの要因で変動していくのです。金利が上がりすぎると国が投資家から借りたお金を返せなくなるデフォルトという状態になりますので、日々のニュースの確認が重要です。 国債はお金を借りている事になるので当然返すのが常識ですが、経済状況によっては返済不能になる可能性があります。きちんとお金を貸す国の状況を確認しておく事が大切なのです。